就労移行支援事業所ディーキャリアのオフィスブログ

ぎこちなさ100%のコミュニケーション「言いたいのに言えない」【場面緘黙】なのかも

特定場面言葉発する事できなくなってしまい
しゃべることができなくなってしまう

学校職場などの
注目された状況や、叱責をうけてしまい
質問答えることできなくなってしまう

子どものころ発症する事が多く
大人になってから発症する事は少ないです

性格問題と周りから思われて
原因がわからず治療せずに成長すると

働いたとき困ってしまったり
問題にされてしまう事もあると思います

この記事では「場面緘黙」症状
発達障害との関係性対策具体的事例など解説していきます

 

 

凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹

 

ディーキャリア柏オフィスの生活支援員で発達サポータの澁谷です
ディーキャリア柏オフィスは発達障害の特性に応じた

訓練プログラムを提供している就労移行支援事業所です
発達障害(注意欠如・多動性障害ADHD 自閉症スペクトラム障害ASD 限局性学習障害SLD)

精神障害のある方などが多く在籍されています
専門知識のあるスタッフで運営しています

 

凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹

 

 

目次
1.なぜ、場面緘黙が起きてしまうのか
2.場面緘黙と発達障害の関連性
3.どのように対策やケアをしていけばいいのか
4.具体例と具体的な対策について

 

 

1.なぜ、場面緘黙が起きてしまうのか


職場
人前などの特定の場面状況になると
話すこと出来なくなってしまう

「場面緘黙(選択性緘黙)」原因はまだ特定されていません
なんで人前出た時注目が集まってしまった時に
出したいと思っていても声がでない
声を出さなければ
と思っても急に声が出せなくなってしまう

1対1での家族との会話友人との会話
会社
でもそんなにコミュニケーションに困ることはない
でも特定の場面で、声が出ない

原因明確にはなっていません
発達障害傾向がある(グレーゾーン)方
不安障害強迫性障害の傾向があるが為に
「場面緘黙(選択性緘黙)」になってしまっている場合があります

子どものときに発症する人が多く
大人になってから発症するケースあまりありません
治療をせずに大人になって
職場などで苦しい思いをしている方もいると言われています

「場面緘黙(選択性緘黙)」の場合は
全くしゃべれないというわけではないです

「性格」によるものと誤解を受けやすいです
わざと話していないのではないか?
わざとだんまりしているのではないか?

というような自分の意思話さないこと選択しているわけではありません

 

 

2.場面緘黙と発達障害の関連性


「場面緘黙(選択性緘黙)」
がどんなものなのかというと

定義

近年では「場面緘黙 (selective mutism)」という呼称が一般的である。米国精神医学会 (APA) が定めた
「精神障害の診断と統計の手引き (DSM)」の2013年改訂版 (DSM-5) の診断基準によれば、場面緘黙は、
「他の状況で話しているにもかかわらず、特定の社会的状況において、話すことが一貫してできない」
状態であると定義されている。

・他の状況で話しているにもかかわらず、話すことが期待されている特定の社会的状況 (例:学校) において、話すことが一貫してできない
・その障害が、学業上、職業上の成績、または対人的コミュニケーションを妨げている
・その障害の持続期間は、少なくとも1ヶ月 (学校の最初の1ヶ月だけに限定されない) である
・話すことができないことは、その社会的状況で要求される話し言葉の知識、または話すことに関する楽しさが不足していることによるものではない
・その障害はコミュニケーション症 (例:小児期発症流暢症) ではうまく説明されず、また自閉スペクトラム症、統合失調症、または他の精神病性障害の経過中にのみ起こるものではない

 

日本場面緘黙研究会  ~引用~

https://mutism.jp/about-sm/

 

 

定義としては上記のような形になります
原因に関してははっきりとはしていません
カテゴリとして分けると精神疾患分類されます

大人の場合は日常生活仕事上で「場面緘黙」による
症状が現れやすいです
以下症状の具体例です

  • 上司・同僚からの質問に対して返事が出来ない
  • 休憩中に雑談したくてもできない
  • 不安になりやすい
  • 緊張しやすい
  • 会議中に言いたいことがあるのに発言が出来ない
  • 指示の内容がわからなかったのに聞き返すことが出来ない
  • 初めての状況だと体が思うように動かない

「場面緘黙」がある方の背景には
発達障害原因の場合があります

例えば
・感覚過敏(音や光に敏感)
・物事の考え方や受け取り方に偏りがある
・言葉の意味や理解や単語を思い浮かべるのに時間がかかる

コミュニケーション能力低下してしまい
「話さない」人「場面緘黙」は異なります

「場面緘黙」は特定の場所以外のリラックスできる環境(家)などでは
何ら問題なく会話をすることができ言語能力一般的な水準です

「場面緘黙」教育行政においては
発達障害者支援法の対象になっています

発達障害原因「場面緘黙」を発症している場合は
治療環境生活環境整えていくほうが
将来を考えるためには効果的です

 

3.治療はどのように対策やケアをしていけばいいのか


「場面緘黙」
の場合は様々な治療法があります
効果的治療を行うためには
現状しっかりと把握することが重要になります

精神科心療内科受診して
「場面緘黙」だけなのか、それとも発達障害うつ病
その他精神疾患なども併発してるのかを診断する事が大切です

状況によって話せるか話せないだけの問題ではありません
話せなくなってしまう症状のある疾患はいくつかあります

・社会不安障害
・全緘黙
・トラウマ性緘黙
・吃音症
・失声

その結果によっては現状適切治療法が変わってくると思います
具体的な治療法代表的な物は以下の事になります

・認知行動療法
・薬物治療
・その他心理治療
・言語聴覚士によるサポート
・他者の協力や理解サポート

認知行動療法

 

うつ病の認知療法・認知行動療法マニュアル
(平成21年度厚生労働省こころの健康科学研究事業「精神療法の実施方法と有効性に関する研究」)

不安障害の認知療法・認知行動療法マニュアル
(平成27年度厚生労働省障害者対策総合研究事業「認知行動療法等の精神療法の科学的エビデンスに基づいた標準治療の開発と普及に関する研究」)

心の健康 厚生労働省  ~引用~

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kokoro/index.html

 

 

4.具体例と具体的な対策について Aさんのケース


Aさん
は物腰が柔らかく1対1で話していると
きちんと受け答えをしていて普通だなという印象でした
コミュニケーション会話
いろいろな人とされていました

「場面緘黙」なのかなと最初に気付いたのは「自己紹介」の時でした
自己紹介をする際にAさんの順番がきました
事前に名前の後には好きな事や物について
いいましょうと話題は決まっていました

Aさん順番になり周りが視線向け注目しました
その瞬間Aさん開閉し、話始めようと「え~」と言うも
その後の言葉が続かない、、、、、。

大きく鼻から深呼吸して再開するために
唇を開閉した時 「え~ッ」という声は出せるのですが
そのあとの「私の名前は」と続くはずの声が全くでない

周囲反応はさらに視線注目集まりました
静けさ「しーん。」と聞こえたかの様でした

注目集まった状態だと自己紹介が難しそうな状態だったので
その時に首からさげていたネームフォルダー
見せることで声を出すことなくAさん自己紹介終えました
これが「場面緘黙」なんだなと思いました

Aさんはその後席に戻るとまた何気ない会話始まり
次の人の自己紹介で出た好きな物場所について
周囲コミュニケーションをとっていました

改めてその時の出来事についてご本人話し聞いてみると
「話したいけれど話せない」と言っていました
限定された場面になると「話したいけれど話せない」

苦手な事として
「電話対応」「緊張感のある中での情報共有」ができない
と言っていました

Aさんは今でも過剰注目が集まる
全く言葉が出ない事もあります

でも日々訓練実施する事で
20名ほどの注目が集まる状況でも
自己紹介自身意見言えるようになっています

まだ「電話対応」は話せなくなってしまう事がありますが
訓練継続していくことで克服しようとしています

どんな事に取り組んでいったのかというと
1対1状態問題何もなかったので
1対2、1対3、1対4徐々多くの人がいる状況
意図的に作りトレーニングされていました

1対多数環境設定が必要になるので
Aさんの現状周りの人に知ってもらい
理解をしてもらったうえで

繰り返しトレーニングを行っていました
トレーニングをすると精神的にも肉体的にも
疲労溜まってしまうので

「セルフケア」や日々の「ストレス対策」なども
並行して実施されて
1対1から1対2
1対3から1対4

少しずつ「チャレンジ」をして
現在、20人程度の場面でも対応ができています

によってさまざまな治療法がありますが
薬物治療だけではなく
社会的心理サポート視点
自身トレーニング
あるいは「周りの理解」「環境整備」を行っていく必要があります

 

ディーキャリア柏オフィスでは
効果のある方法対策などを実施する事ができます

3つのコースを通じてそれぞれの特性合う方法を伝えています

各コースの詳細は下記よりご確認ください
3つのコースだけではなく他の取り組みも実施しています

 

===============================================

就労移行支援事業所ディーキャリアのコース【ライフスキルコース】 ブログを見る▶

就労移行支援事業所ディーキャリアのコース【ワークススキルコース】 ブログを見る▶

就労移行支援事業所ディーキャリアのコース【リクルートコース】 ブログを見る▶

===============================================

 

オフィスの詳細や雰囲気を知りたい方はこちらを見てください!!
ディーキャリア柏オフィス

 

就労移行支援事業所 ディーキャリア 柏オフィス による説明

ディーキャリア柏オフィスは、千葉県柏市「柏駅」にある就労移行支援事業所です
発達障害の特性による働きづらさをフォローする「働き続けるためのプログラム」
自分の価値観適職を見極める「やりがいを見つけるためのカリキュラム」
就職後職場定着率93.4%(2020年度実績)を実現しています
[やりがいを感じられる仕事探し]×[あなたらしい働き方探し]
私たちディーキャリアとともに目指しませんか?
あなたの「働きづらさ」について、ぜひ聞かせてください
無料体験・相談会も受け付けております。まずはお気軽にお問い合わせください

お問い合わせや体験など
話を聞いてみたい方や、聞いてほしいなという方も
直接柏オフィスに来られる場合は

日程調整させていただきます
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからお進みください
↓↓↓↓↓↓↓

✉でのお問い合わせ

kashiwa2@dd-career.com

 

前回の記事

イヤな記憶がフラッシュバック|発達障害との関連性と対処法

https://dd-career.com/blog/kashiwa_20220502/
凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹
ディーキャリア柏オフィス
〒277-0005
千葉県柏市柏3丁目6-23 柏ツインビル1(5F)
■電話:04-7157-0035
■メール:kashiwa2@dd-career.com
凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹

 

 

 

 

柏オフィスのその他の記事

  1. 「人間関係リセット」発達障害の人によくある「人間関係の悩み」の特徴と対処法

  2. イヤな記憶がフラッシュバック|発達障害との関連性と対処法

  3. 【物を探すことが苦手・失くしものが多い|ADHD特性だけではないのかもしれない】

  4. 【ADHDのある方の「失言」「言葉がきつい」と思われる原因と対策】

  5. 【大人のASDあるある】腸内環境が乱れやすい|原因と改善方法について紹介

  6. ADHD|我慢ができない本当の理由は【○○機能】に原因があった!対処法3つのポイント

  7. 【発達障害かも!アーティスト|枠にはまらない発想を活かす「fukase」「藤井風」】

  8. 空腹や満腹に気づけない摂食障害セルフモニタリングが苦手な発達障害|2つの関係と対策

  9. 【家族・支援者向け】発達障害(ASD・ADHD)の対応「排除と配慮という本音と建て前」

  10. 【ADHDストレスコーピング(対処)効果的な3つの対処法】

  11. 「大人の発達障害 無料相談のお知らせ」 ディーキャリア柏オフィス

  12. 「集中力が続かない…。」ADHD傾向のある人がミスをなくす方法

  13. 「感覚過敏と聴覚過敏 音がストレスの原因になってしまった時の対策」

  14. ADHD先延ばしクセの理由と改善策|「すぐにやる」に変える4つのステップとは

  15. 就労移行支援事業所ディーキャリアのコース【ワークススキルコース】

  16. 就労移行支援事業所ディーキャリアのコース【リクルートコース】

  17. 就労移行支援事業所ディーキャリアのコース【ライフスキルコース】

  18. 発達障害(ADHD、ASD、SLD)と障害者年金【受給された事例を紹介】

  19. 【自閉症スペクトラム障害(ASD)のこだわり|診断基準】

  20. うつ病や繊細さん(HSP)適応障害対策や発達障害との関係性|二次障害の事例

  21. 聴覚過敏とその対策をご紹介

  22. 視覚過敏とその対策をご紹介

  23. ADHDの障害特性がある方の適職とは?

  24. 人の気持ちが分からない|大人の発達障害の特性によるものかも?

  25. 怒りを理解したら何か変わるかも

  26. 【ADHD】の障害特性がある方の適職や向いている向いている仕事は○○だった!!

  27. 自分を理解して、人の気持ちを理解する

  28. 発達障害と記憶力の話

オフィス情報

柏オフィス 発達障害フレンドリーサポート
ー JR常磐線/東武アーバンパークライン「柏駅」東口より徒歩5分

電話番号
04-7157-0035
×

プライバシーポリシー

デコボコベース株式会社(以下〈当社〉といいます)は個人情報保護法などの法令・ガイドラインを遵守して以下のポリシーに基づき適切な管理と保護を行い運用させていただきます。

1.個人情報の利用目的について

当社の取得する個人情報の利用目的は以下の通りです。
・お問い合わせへの対応をさせていただくため
・当社のサービスに関する情報をご提供するため
・お申込みもしくはご登録いただいたサービスの確認やご案内をするため
・上記に付随する目的
これらの利用目的を達成するために必要な範囲でのみ個人情報を取得します。
上記の利用目的以外で個人情報を利用する必要が生じた場合には、あらかじめ本人の同意を得た場合および「個人情報の保護に関する法律」その他法令により例外として取り扱うことが認められている場合を除き、その利用について本人の同意を得るものとします。ただし、取得いたしました個人情報を加工して、個人を特定できない状態としたうえで、統計的なデータとして利用することがあります。なお、各業務の一部を委託先に委託し、当該委託先に対して必要な範囲で個人情報を預託する必要が生じた場合には、別途定めた基準に従い、必要な契約を締結し、適切な管理・監督を行います。

2.個人情報の管理方法について

当社は、お客様個人を識別しうる情報(以下〈個人情報〉といいます)を適切に管理するために個人情報を取り扱う部門ごとに、管理責任者を置き適正な管理に努めます。
また、外部への流出防止だけでなく情報の紛失・破壊・改ざんの危険や外部からの不正アクセスに対して、合理的なレベルの安全対策を実施しお客様の個人情報の保護に努めます。

3.個人情報の提供について

当社は、個人情報をお客様本人の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません。 ただし、法令により開示を求められた場合、または裁判所、警察等の公的機関から開示を求められた場合には、お客様本人の同意なく個人情報を開示・提供することがあります。

4.個人情報管理の改善について

当社は、お客様の個人情報の取扱いについて、事業内容や社会環境の変化に適切に対応するため個人情報に対する保護ポリシーを適宜見直し、改善してまいります。

5.Cookieの使用について

当サイトではCookieを使用しています。 当サイト等の利用状況の分析、あるいは当サイトやサービスの改善のために利用され、それ以外の目的で利用されることはありません。
Cookieを通じて収集する情報には、個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)は一切含まれていません。 Cookieの使用を望まない場合、ブラウザからCookieを無効に設定できます。無効にしても当サイトのご利用には問題ありません。

お問い合わせ先

デコボコベース株式会社
〒108-0023 東京都港区芝浦4-12-31 VORT芝浦 Water Front 6F
TEL.0120-802-146 / 03-6809-6975