就労移行支援事業所「ディーキャリア」

就労移行支援事業所「ディーキャリア」

【企業人事に聞いた】変わりつつある「障害者雇用」への考え方

障害者雇用・一般雇用(オープン・クローズ)のメリット・デメリットについては、こちらの記事でもご紹介させていただきましたが、その内容は「これまでの」障害者雇用に関するものでした。

近年は、企業の障害者雇用への理解も深まってきており、また、社会的な情勢の変化もあって、障害者雇用のあり方が変わってきています。私たちが企業の障害者雇用担当者から直接お話しをお伺いしたところ、大きく2つの動きがあることがわかりました。

この記事では、時代とともに変わりつつある「これからの」障害者雇用についてご紹介します。

①「戦力」としての採用

「障害への配慮はするが、業務内容や評価制度は一般雇用と同じ」という求人が増えています。

これまで企業は、障害者雇用を「法定雇用率を達成する」「CSR(企業の社会的責任)を果たす」といった側面から捉えていることが少なくありませんでした。しかし近年では、障害の有無を問わず、戦力となり得るかを採用基準とする企業が増加傾向にあります。

従来の障害者雇用では、一般的に下記のようなデメリットがあると言われてきました。

  • ●昇格の機会が少ない
  • ●昇給を目指すことが難しい
  • ●任せられる仕事の裁量が少ない
  • ●職域が狭く、同じ作業の繰り返し
  • ●専門的な知識を求められる仕事がない

そのため、障害に配慮してもらえる代わりに「仕事のやりがい」を求めることは難しく、仕事におけるスキル向上やキャリアアップのチャンスが少ないケースも多くありました。

しかし近年ではダイバーシティ(多様な人材の活用)の広がりや、少子高齢化による労働力不足といった社会情勢などを反映し、「障害への配慮をすれば、一般雇用の社員と同等(あるいは、得意分野においてはそれ以上)の能力を発揮できる」という考えの企業が増えてきました。

障害の有無に関わらず、「これまでの経験」や「業務遂行スキル」で評価されるため、求められる業務内容や成果が一般雇用と変わりないという点で難しさもありますが、待遇(給与など)の向上や、何よりも、やりがいを感じて仕事をしたい方にとっては、選択肢が増えてきたと言えるでしょう。