就労移行支援事業所「ディーキャリア」

就労移行支援事業所「ディーキャリア」

オフィスブログ

オフィスブログ

ASDの特性について

こんにちは。田町オフィスです。

「人の気持ちがわからない」「空気が読めない」「適当、曖昧な表現がわからない」などに困った経験はありませんか?

もしかしたら、それは発達障害のひとつであるASDの【特性】からくるものかもしれません。

職場の人などとうまい人付き合いをしたいのに上記のようなことが難しかったり、そのつもりはなくても相手を怒らせてしまう、そんな経験が続くと「なんとなく生きづらいなあ」と心が辛くなってしまうかもしれません。

しかし、私たちが運営する発達障害の特性に応じたプログラムを提供する、就労移行支援事業所「ディーキャリア 」がそんな貴方のサポートをさせていただきます!

ASDの診断を受けている方に限らず、人とのコミュニケ―ションが上手く取れていないかも?という方はぜひこの記事を読んでみてください。

 

 

★ASDとは?

正式名称を「自閉症スペクトラム障害」と言い、ASD(Autism Spectrum Disorder)とも呼ばれます。

先天性の脳機能障害の一つで、学習環境やご両親の育て方などの環境要因によって「障害になる」ものではありません。

ASDの主な症状は、人との関わりやコミュニケーションの困難、こだわりや反復的な行動、感覚の過敏さなどが挙げられます。

しかし、具体的な困難とは一体どんなものでしょうか?

ここでは想像をしやすいように、【コミュニケーションの困難】について、ケースを挙げてみたいと思います。

 

 

・小さな間違いを指摘して、「そんなことわざわざ言わなくてもいいのに」と言われる

・言葉の意味通りに発言を受け取るため、冗談が通じないと言われる

・自分が興味のある話をしだすと止まらなくなり、「自分の話ばかりだね」と言われる

・思ったことをそのまま口に出してしまい、相手を不快にさせる

・自分のやりかたにこだわり、他の人のアドバイスを中々受け入れられない

ASDの人は、脳の中でも社会脳と呼ばれる部分に特異性を持っており、他人の表情が読めなかったり、相手の声色や態度から、相手の感情を推測することが難しいので、周りの人を不機嫌にさせてしまうことがあります。

あなたにあてはまるものや、近いものはありましたか?

 

自分は障害を持っているのかも?ということに気づいても、病院に行って検査を受け、障害者手帳をもらうということはとても勇気のいることだと思います。

ですが、診断を受けて良かった、という利用者さんもいらっしゃいます。

その方は、どの職場に行っても何故か長く続かず、単発のアルバイトや派遣の退職を繰り返していました。

しかし、ある日「自分は何故長く働けないんだろう」と思い、ネット検索を経て通院、障害の診断を受けました。

そして、自分が長く同じ職場で働けなかった原因が特性によるものだということがわかり、今ではディーキャリア で就職を目指して熱心に訓練に参加しています。

生きづらさを抱えたまま働くことは他者との不和などを招いたり、ストレスをためてしまう可能性があり、最悪体調悪化につながることもあります。

ですが、職場で自分の特性について配慮をもらいながら、働きやすい環境で仕事をする【障害者雇用】という働き方もあります。

ディーキャリア では、手帳を取得するかどうかの相談、就活や困りごとの相談を明るいスタッフが親身にお伺いさせていただきます。

 

オフィスでの体験は電話、もしくは問い合わせフォームから簡単に申し込めます!

ぜひ一度、田町オフィスに足を運んでみてください。

—————————————————–

ディーキャリアITエキスパート田町オフィス

東京都港区芝浦4-12-44 芝浦TMビル6階

Email: tamachi@dd-career.com

電話:03-6811-5818

—————————————————–

ITエキスパート田町オフィスのその他の記事

  1. 【ディーキャリアITエキスパート田町オフィスの紹介】

オフィス情報

ITエキスパート田町オフィス 発達障害フレンドリーサポート
ー JR山手線/京浜東北線「田町駅」芝浦口(東口)より徒歩10分

電話番号
03-6811-5818