d-career 採用サイト ご応募の方はこちら

インタビュー

1. この仕事のやりがい

利用者が社会復帰に向けて自信をつけ、「自分らしく、長く働く」を実現していく姿を見ることができるのが一番のやりがいです。
利用者の多くは様々な不安や迷い、葛藤を抱えた状態でディーキャリアにご相談にいらっしゃいます。「働きたい、でもうまくいかない」「周囲からの理解が得られない」「社会に貢献したいが、どうしたらいいかわからない」… 
たくさんの想いをお預かりし、数ヶ月に渡って訓練を提供しますが、その数ヶ月の間にも、利用者はたくさんの葛藤を経験します。 自分の障がいと向き合うことの苦しさを乗り越え、自身を受け入れてくれる企業との出会いを果たし、内定を得たときの充実感は言葉では表せません。

2. 自分の役割のやりがい

私の役割は、「集客」と「就職」にかかわる諸営業活動です。ディーキャリアを知っていただけるよう、ハローワーク、福祉施設、医療機関など、様々な施設に営業活動に行きます。また、利用者が職業経験を積むための「企業実習」の受け入れ先企業の開拓や、発達障害を是非採用したい!という企業の開拓や、利用者の面接同行など、就職支援全般を担当しています。もちろん、一人の支援者として、利用者の直接支援にかかわる機会もあります。

私はこの仕事をしていて、利用者の方が自身の能力を活かせる仕事に就職することができたときに、一番やりがいを感じます。利用者の方は、苦手なことこそあれ、得意なこともたくさんある方々です。今まで勤務してきた経験の中で、仕事に活かせる得意なことがたくさんあります。
過去に私が担当した利用者の方の中にも、長年特殊な業界でお仕事をされた方がいました。
ほとんど休みなく働き、鬱病で退職されてしまいましたが、その業界で培った経験を活かしたいという想いが強い方でした。私自身も、その能力を是非社会に役立ててほしいと思っていました。 私はその方の経歴を詳細にヒアリングし、その方がやりがいをもって働けそうな会社を調べ上げました。障害者雇用を行っていない会社もありましたが、一社一社足を運び、その方が合いそうか?やりがいをもって働けそうか?精査していきました。

結果、その方の能力を活かすことができ、かつ障害に対する配慮もしてくれる素敵な会社に出会うことができました。面接が終わったとき、「ディーキャリアに出会えてよかった」「嶋北さんに会社を探してもらうことができてよかった」と言われたとき、一人の人の人生を左右するような仕事に関わっていることに責任を感じるとともに、諦めずに頑張ってよかったと安堵したことを覚えています。

ただ働ければいいということであれば、就ける仕事は少なくないと思います。しかし、仕事することに割いている時間を考えれば、やりがいをもって楽しく働けた方が良いに決まっています。そんな利用者の想いに寄り添い、二人三脚で前に進んでいけることが、営業として何よりのやりがいです。
これからも、一人でも多くの人にディーキャリアを知ってもらうことができるよう、そしてやりがいのある仕事に送り出すことができるよう、精進していきたいと思います!

3. 大変だと思うこと

特に大変と感じたことはありません。利用者の入口と出口に関わる仕事は本当に楽しくて、日々やりがいを感じています。しいて言うならば、やはり営業ですので、日によっては一日7件、8件訪問に行くこともあるので、夏場は体力的に大変です(笑)

4. 自分の支援で目指す先

私が支援で目指すことは、1人の仕事人として、利用者に対して「働くって楽しい!」ということを体現することです。利用者の方は、ディーキャリアのたどり着くまでの間、自信を無くしてしまうようなことも多く経験されています。働くことに対して否定的になっている方もいます。 そんな利用者の方にとって誰よりも近い仕事人として、「嶋北さん楽しそうだなぁ」「働くって楽しそうだなぁ」と思ってもらいたいと思っています。大変なことはないと先述でもお伝えしましたが、仕事なので辛いことはもちろんあります。ただ、それもひっくるめて働くって楽しい!ということを利用者に伝えていきたいと思っています。

5. これから就職してくるメンバーへのメッセージ

私たちの事業所含め、就労移行にはまだまだ改善すべきことがたくさんたくさんあります!
「利用者の自立にとってそれが最良か?」「それは利用者のためになっているか?」一緒になって真剣に考えられる人。スピード感をもって事業所をどんどん改善していける人。そんな人と一緒に楽しく働きたいなと思っています!両手を広げてお待ちしてます!