d-career 採用サイト ご応募の方はこちら

インタビュー

1. この仕事のやりがい

高齢者福祉に携わっている福祉関係者は、一度は思ったことがないでしょうか?「自立支援」「人間としての尊厳」という掛け声が、なぜ「旅行に行く」「できなくなった趣味を再び始める」ことに繋がるのでしょう?何かが違っていると感じている介護士は、実は多いのではないでしょうか。
「人は労働を通して社会的存在となる」
障害者が人として生きていくために必要な就労へと結びつける私たちの仕事は、とても重要なものであるという誇りを感じることができます。

2. 自分の役割のやりがい / エピソード

サービス管理責任者はスタッフへの直接的な命令権を持っていません。にもかかわらず、事業所の中心的存在とされています。それは個々の利用者様と、その生活全般と、事業所や支援機関、地域との橋渡しを考える役割を担っているからです。
このため、サービス管理責任者の仕事は非常に多岐にわたります。スポーツで言えば、監督と選手とコーチと渉外を兼ねたような役割でしょうか。大変な反面、いろいろなことを考えて実行することができる仕事です。

3. 大変だと思うこと

利用者様に、意図していなかった内容で伝わっていたことは、大変だなと思いました。

4. 自分の支援で目指す先

人は、誰かのために存在するのではなく、自分のためにあるものだと思います。「障害者のためによりそう」というと、格好良くは思いますが、永遠に障害者のためにあり続けることができない以上、それは無責任な言葉です。「誰かのため」というと、まるで孫悟空がお釈迦様の掌の上にしかいられないように、支援員が定めた枠の中でしか生きられないとなってしまうように感じます。
 私は、すべての障害者が、自分のために、自分の力で、自分の人生を生きていけるような支援をしていきたいと考えています。

5. これから就職してくるメンバーへのメッセージ

皆さんは、就労移行支援事業所で何をしたいでしょうか?
それが実現できれば、とてもいいと思います。